チェルシーPTOのインストール & 操作ガイド

どのようにP.T.O.s作業: 歯車, ギアピッチと比

典型的 チェルシーP.T.O. エンジンパワーを拾うように設計されて, 回転により, and transfer it to another piece of equipment. They are mechanical gearboxes that attach to an opening provided on truck transmissions and are used to transfer the power of the vehicle engine to auxiliary components, 最も一般的に油圧ポンプ. The hydraulic flow generated by the pump is then directed to cylinders and/or hydraulic motors to increase performance. This page will explain important terms for your チェルシーPTO installation and operation.

サイドマウントPTO

サイドマウントPTO

あなたはクリックすることにより、チェルシーPTO操作ガイドをダウンロードすることができます パーカー・ハネフィンのウェブサイトを訪問.あなたを特定するサポートが必要な場合 チェルシーPTOパーツ で我々の専門家に連絡 877-776-4600 若しくは 407-872-1901 または当社を訪問 部品マニュアルページ.

拡大するにはクリックしてください

イートンフラー送信用のPTOの配置

イートンフラー送信用のPTOの配置

アリソントランスミッションのPTOの配置

アリソントランスミッションのためのPTOの配置

PTOのインストールの最も重要な部分は、歯車であります, またはギアセット設計.

回転は他のギアに噛み合うギアや交配によってピックアップされます, チェルシーP.T.Oためには. 仕事へ, the gears must mesh properly with the transmission’s PTO drive gear. PTOのインストールを行う場合, それは非常に重要です, 変速ギヤの歯の設計と仕様を知っています.

PTOインストール用ギアの設計
送信側ビュー

重要パワーテイクオフ用語

  • 平歯車は、はすば歯車と正しくメッシュはありません
  • Helical gears not only must mesh with each other, しかし、1つは右利きである必要があり、他方は左利きしなければなりません
  • はすば歯車はまた、ピッチの点では同じ歯の構造を持っている必要があります, 圧力角およびねじれ角
  • ねじれ角はギア横断角の度合いであります
  • ギア比はP.T.Oのもう一つの重要な一部であり、. 操作. P.T.O. ギア比は実際P.T.O.駆動機器の要求にエンジンの動作速度を変更することができ
  • 適切なP.T.O. モデルは、最も明確にアプリケーションのニーズを満たす必要なトルク容量と動作速度を持っています
  • 上記の例におけるギヤ比があるが 2 に 1, トルクの変化があります 1 に 2. これは、従動ギヤに数時間を分割することによって到達されます: 12 ÷ 24 = 0.5 (1 に 2).
    エンジンの馬力があると仮定 50 そして、小歯車の速度があります 1000 毎分回転数 (毎分回転数).
    トルクを決定するための式は:

T =馬力のx 5252 速度 (毎分回転数)/速度 (毎分回転数)

(SM) 50 x 5252 = 262.6 ポンド. フィート. トルク / 1000

(LG) 50 x 5252 = 525.2 ポンド. フィート. トルク / 500

注意:
ただし, 状況はより小さなギアを駆動する大歯車を逆転しました, 小さなギアが大ギアの2倍の速さで回転します, しかし、トルクが大ギアの2倍の速さで回転します, しかし、トルクは半分だけのように素晴らしいことです.

装置

PTOは、多くのアプリケーションで使用されています. PTOの恩恵を受ける共通機器の種類があります; ダンプトラック, ダンプトレーラー, バケツ/男リフトトラック, 空中リフトトラック, 火災や救助トラック, トラックを拒否, 真空吸盤トラック, 下水道クリーナートラック, 水/製品ポンプ車, プロパン配送トラック, snow plow/dump trucks, GRADALLショベル, レッカー車とより.

ポンプへのPTOのインストール

ブラケットは予圧ポンプ/ P.T.Oしないことを保証するために注意してください. 取り付け
The most common power take-off in use is the sidemounted PTO, there are also models installed to the rear of specific transmissions and split shaft PTOs that are mounted by removing a section of the vehicle’s main driveline.

Rear-mounted PTOs are often called countershaft PTOs but many sidemounted PTOs are also driven by gears on the transmission’s countershaft. You may hear people refer to side countershaft and rear countershaft power take-offs to make a distinction. The transmissions commonly found in class 4 and larger vehicles will have provisions for the PTO installation.

一般的に2つの開口部があります, one on each side of the transmission(some smaller transmissions may have one). Many Eaton Fuller transmissions have a PTO aperture on the bottom (offset to the left), and some Allison automatic transmissions have a top aperture.

あなたのチェルシーPTOは、ケーブルによって係合されます, lever, 空気圧, または油圧. Recent PTOs use a small electric motor and hydraulic pump inside the shift cover assembly to provide hydraulic force to engage the PTO. There are various output shaft configurations available for a driveshaft connection or the pump attachment, 直接PTOへ, without an intermediate shaft. The Society of Automotive Engineers (S.A.E.) has established standard mounting face dimensions for pumps and PTOs are made to accept these. These are referred to, 最小から最大へ, S.A.Eとして. A, B, D, E and F

S.A.E. 「B」 2 & 4 ボルトポンプ

S.A.E. 「B」 2 & 4 ボルトポンプ

S.A.E. 「B」 2 & 4 ボルト固定フランジ

S.A.E. 「B」 2 & 4 ボルト固定フランジ

S.A.E. 「B」2-ボルト回転可能

S.A.E. 「B」2-ボルト回転可能

S.A.E. 「B」4ボルト回転可能

S.A.E. 「B」4ボルト回転可能

直接油圧ポンプは、PTOの出力フランジに直接取り付けられているマウント. 直接取付は、モバイル機器業界におけるPTOの最も一般的なタイプです. ポンプを設置することとして知られている状態であるとき、直接の警戒する懸念 シャフトのフレッティング. これは、PTOとポンプシャフトの急速なスプラインの摩耗であります. 摩耗は、二つの金属表面が互いに接触する場所には明らかです, as the micro-movement of the two surfaces against one another wears each surface. When direct mounting a pump you must do the following:

  1. ポンプのものと一致するPTO出力軸と取付フランジを指定します.PTOにポンプを取り付けます
  2. PTO出力回転と一致するか、双方向回転ポンプとして知られているものを選択するために、正しいポンプの回転を選択, 入口または出口のいずれかとすることができるので、同じサイズのポートを持っている傾向があります.
  3. ポンプの重量を支えるためにリアポンプブラケットを提供.

時には油圧ポンプを取り付ける指示することはできません, リモート・マウント法を使用して結合されるポンプを必要とします. リモートポンプが駆動系アセンブリを使用して、離れたPTOから及び電動パワーテイクオフからであるマウントに. それはバランスをとることができず、振動することができるので、固体軸系はお勧めしません. これは、PTOに損傷を与え、シャフトシールポンプにつながります. バランスの取れました, 管状アセンブリの速度を満たすように設計, アプリケーションのトルクと馬力の要件が最良の選択であります.

ドライブラインを使用している場合, それは段階であるために重要だと一端でスリップヨークを組み込ん. 円形, キー付きPTO出力軸は、高い繰返し負荷による故障の影響を受けやすいです. 機能スリップヨークはシャフトがトラックのシャーシの屈曲を調整することができますしながら、相軸のうちは、PTOとポンプシャフトシールを振動して損傷します.

ダイレクトマウントDINフランジ

ドライブシャフト / リモートマウント

ポンプをサポート

チェルシーは強くポンプ支持体の使用を推奨しています (支持ブラケット) すべてのアプリケーションで.

ダイレクトマウント方式を使用している場合, PTOのインストールで, 使う 支持ブラケット 次の条件が適用されたときに送信にポンプをサポートします:

  1. ポンプ重量 40 ポンド以上
  2. PTO及びポンプの組み合わせた長さは、到達又は超え 18 ポンプの最後にPTO中心線からインチ

ALSO: P.T.Oの女性パイロットをパックすることを忘れないでください. P.T.Oにポンプをインストールする前に、グリースポンプシャフト. (参照チェルシーグリースパック 379688)

PTOポンプ支持ブラケットポンプのサポートは推奨マウント

注意: 正しいブラケティングのための, で取り付け 2 以上の伝送ボルトの位置と 2 以上のポンプ場所. 適切なブラケット取付位置に対する接触伝送製造. ブラケットは予圧ポンプ/ PTOが取り付けていないことを確認するために注意してください.